女性育毛剤の効果

現在の美容・化粧品の業界において育毛剤の市場は伸びつつけています。

それは、日本人の清潔志向や、いわゆる「草食系男子」の増加に歩調を合わせているかのようです。育毛剤を利用するのはなにも男性だけではなく、女性も利用しますが、製品の多くが男性を対象として開発され、PRも大々的に行っています。

いかに育毛剤 効果があるか?

それは男性のほうがより脱毛が顕著に表れ、また気にする傾向が強いからです。
育毛剤効果のあるものは爆発的なヒット商品となります。
そもそも、「髪」とはどのようなものでしょうか?
毛髪が体の一部分であることは誰でも知っています。

しかし、海藻類が髪に良いとか、ストレスで円形脱毛症になるとか、白髪は抜いたほうが良いとか良くないとか、医学的に正しいこともあれば、俗説のようなものまであります。

育毛剤 効果をうたう製品はこのような俗説も上手に利用します。

ここで、正しく髪の成分について簡単に基本的なことを考えなおしてみて、その「髪」というものに対してどのように育毛、毛染め、脱色などのアプローチをするか考えてゆきます。また、育毛剤はその需要に応じて日進月歩の勢いで進歩しており、次々と体に負担が少なく効能が見込まれる製品が開発されています。

育毛剤 効果について考えるうえで、医薬品と医薬部外品の区別を知っておくことも、自身の体に付けるものであるということを考えた時には、良いことです。

そもそも、なぜ育毛剤を利用してまで自身の頭髪を気にするのでしょうか?
それ自体決して悪い事ではありませんが、そこには単に「髪」ということに留まらない、特別な感情やニーズが潜んでいます。

考えられるものは多数あると思いますが、ここでは次の3つについて考えてみましょう。

第一に「装う」つまりは化粧の一部分としての髪の役割。第二に、身近な人々、あるいは社会に対するコミュニケーションの手段としての髪。そして、第三、老いへの拒絶、すなわちアンチエイジングのシンボルです。このように考えると、男女を問わず、育毛剤 効果を気にして日々のメンテナンスに励むことは社会的積極性の発揮と見れば好ましいものであるということがわかります。

ミュゼ 全身 効果

髪の成分

育毛剤 効果について考える前に、そもそも育毛剤でどのように髪を生やしていこうとする髪とはどんなものかを考えておくことは、遠回りに見えても有益なことです。髪の大部分はタンパク質です。

そのタンパク質は、いろいろなアミノ酸が化合してできた物質です。髪を構成しているタンパク質は、18種類以上のアミノ酸が化合してできています。髪を構成するタンパク質は「ケラチン」という名前が付けられています。

人の体のなかで、このケラチンで作られている部分としては、他に皮膚や爪があります。

その髪の主成分を構成するケラチンは、先にお話ししたように18種類以上のアミノ酸から構成されており、そのアミノ酸のなかで最も多い物質は、シスチンという物質(アミノ酸の一種)です。そのシスチン、同種のシスチンどうしで強く結合する性質がります。

その性質が髪の硬さや弾力を生むことにつながっています。

そこで、パーマなどのように髪の形を変形するような場合は、シスチンの結合を弱めるような薬液をパーマ剤に混ぜることによって髪の硬さや弾力性を失わせて、思うような角度に曲げる作業を行うのです。次に、アミノ酸の化合によって作り出されたタンパク質であるケラチンを主成分とする髪はどのような構造をしているかについてお話しします。構造について知っておくことは、育毛剤のような成分がどのように髪に影響して、育毛剤 効果を生み出すのか知るためです。

髪は三つに層が巻かれた構造です。外側から、キューティクル、毛皮質、毛髄質です。
キューティクルの仕事は、髪を保護することです。

そして真ん中部分の毛皮質は、容積は一番多いところで、この部分に髪の色を決めるメラニン色素が多く含まれています。毛髄質は、大小の多数の空気を含んだ細胞を持っている存在なのですが、その役割については諸説あるものの、確定された説は現在のところはない状態です。

脱色が髪に及ぼす影響

育毛剤 効果を最大限に生かすためには、髪にダメージを与えることを避けなければなりません。

先に説明しました通り、髪の色を決めるのは、毛皮質のなかにあるメラニン色素です。脱色という作業は、このメラニン色素を変形する(厳密には、粒子を小さくする)ことになります。メラニン色素の粒子が小さくなり、無色になり、次の段階で染めたい色の色素を入れてゆくのが髪染めの作業になるわけです。

ちなみに、このメラニン色素が多いほど色が濃くなり、少なくなるほど色が薄くなります。髪の毛の脱色に使われる薬品は過酸化水素水です。さらに詳しく記載すると、脱色剤には一般的に安定剤の役割を果たすものとしてアンモニアが含まれています。アンモニアはアルカリ性で、これによってメラニン色素の結合を切断して、小さくなった粒子のメラニン色素を取り出す役割があります。このようなメカニズムを考えると、おしゃれのためとはいえ、少なくとも髪にとってあまり良い事ではないことが想像できると思います。

茶髪は頭皮にも悪影響がある

具体的には、ヘアブリーチなどがこの方法で脱色から髪染めの方法をとっています。
つまり、先に述べたように薬品によってメラニン色素を分解して、より明るい色に染めることです。

脱色から色染めのプロセスは単純化すれば既述の通りですが、日本人の髪の色に限っていうと少々ことなります。
日本人は黒い色の髪の毛が多いですね。

メラニン色素が多いほど濃い色になるのはその通りですが、特に日本人の髪に多いメラニン色素の色は「赤色」です。ですので黒髪を脱色するとまず茶色い髪、いわゆる茶髪になるのは、そのあたりに原因があるようです。

脱色に脱色を重ねてゆくとやがてオレンジ色、黄色、白色となる理屈ですが、白色までゆくまでに傷みすぎて髪は切れてしますそうです。

髪の健康と、脱色、髪染めによるオシャレはトレード・オフといったところです。

http://銀座カラー口コミ2015.com/